負担のない治療 | 最先端の治療法である免疫療法|悪影響を与える病巣

負担のない治療

現在日本人の死因として最も多いのが、癌によるものです。
癌は、人の体内で毎日三千個近く発生するもので、その中でも人の体内で大きく成長する腫瘍が悪性新生物、癌と呼ばれるものとなります。
癌の厄介なところは、外科療法によっても完治が難しい点にあります。
血流に乗って体の至るところに発生するため、根治治療を行う事が難しいのです。
現在この癌治療では、外科手術による切除のほか、放射線治療や投薬といった方法がなされているものですが、いずれも患者さんに多大な負担を与えてしまう治療法です。
そのため、負担も少ない、適した治療法が現在求められているのです。

こうした状況で、今注目を集めている治療法が免疫療法です。
免疫療法とは、体の中に進入する細菌やウィルスを排除する免疫細胞を利用した治療法です。
害を及ぼす細菌やウィルス以外にも、体に毎日できる癌細胞の除去も、この免疫細胞の重要な働きです。
NK細胞などの免疫細胞が、癌細胞が大きくなる前に対処してくれるため、毎日できる癌細胞の影響も受けないのです。
免疫療法では、こうした免疫細胞を活性化させ、大きくなった癌を治療する方法です。
元もの体内にいた免疫細胞を利用するわけですから、免疫療法では人に影響を与えることはありません。
外科療法や放射線治療は、患者さんに大きな負担を与えてしまうほか、体力のない高齢者や子供は受けられない事もあります。
しかし、こうした免疫療法であれば負担がないため、体力のない人でも十分に治療ができるというメリットがあります。
他の治療方法と共に使用する事もできるため、免疫療法と組み合わせて高い治療効果を得る事ができるでしょう。

ページのトップへ戻る