NK細胞を増やす | 最先端の治療法である免疫療法|悪影響を与える病巣

NK細胞を増やす

免疫療法による治療方法として、多くの病院で行われているのが、NK細胞の培養です。
NK細胞は、単体で侵入した菌や癌細胞を攻撃できるため、免疫療法によって数を増やすことで、高い治療効果が得られます。
NK細胞による治療法は、体から摂取したNK細胞を培養し、増やしたNK細胞を体に戻すことにより治療を行うというものです。
NK細胞の数が増えれば、それだけ攻撃される頻度が多くなるため、癌細胞にも効果を与えることができるのです。
採血した血液の中にあるNK細胞を注射によって取り出し、培養した後点滴によって体内に戻し、大量に増やしたNK細胞の恩恵を得ることができるのです。
一度培養することにより、数億ものNK細胞を培養できるため、利用することで高い効果が得られるでしょう。

免疫療法におけるNK細胞の利用によって、体の免疫力を高めて治療の効果を高めることができます。
NK細胞を利用した免疫療法では、月に一、ニ回の投与を行うことで、効果を得ることが出来ます。
毎日の様に注射や点滴を行わないため、患者さんに対する負担も低いものとなるでしょう。
NK細胞の利用により、免疫力を高めることにより、体内にある癌の腫瘍を縮小させることができます。
NK細胞の攻撃により、腫瘍の細胞が死滅することにより、痛みもなく徐々に癌の腫瘍を縮小させ、癌による影響を低減させることができるのです。
こうした免疫療法では、体に拡散する癌細胞にも高い効果をもたらします。免疫力が増すことにより、体の他の部位に癌細胞が入り込んだとしても、すみやかに排除してくれるため、癌の転移も抑制することができるのです。

ページのトップへ戻る