樹状細胞の活用 | 最先端の治療法である免疫療法|悪影響を与える病巣

樹状細胞の活用

近年の免疫療法として、高い効果をもたらすとして注目されているのが、樹状細胞の利用です。
樹状細胞とは、リンパ節に作用してリンパ球に指令をおくることのできる細胞であり、免疫システムにおける司令官のような存在です。
通常であれば、こうした樹状細胞は体内に侵入したウィルスや菌を特定し、リンパ節に働きかけ標的のウィルスや菌を攻撃する作用をもっています。
免疫療法における樹状細胞の利用では、こうした樹状細胞に癌細胞の抗原を覚えさせ、体内に送り込むことで問題となる癌細胞を集中的に治療させることができるのです。
癌細胞には、細胞表面に独自のたんぱく質が形成されることが明らかとなっています。
他の細胞とは明らかに異なる特徴であるため、癌を特定するための目印として利用されているのです。
樹状細胞に、こうした癌の持つ特徴を取り込ませ、体内に戻すことにより、樹状細胞が他の免疫細胞を活性化させ、集中して攻撃することができるのです。

こうした樹状細胞を利用した免疫療法は、特異的な癌治療として多くの人の注目を集めています。
特異性とは、何らかの作用によって一つの標的に集中的に作用させる事を指して言われているものです。
NK細胞の培養による免疫療法は、非特異性の治療法とも呼ばれ、増殖させたNK細胞が癌以外にも働いてしまうという問題もありました。
しかし、こうした樹状細胞を用いた特異的な治療法により、免疫療法による効果をより確実なものとすることができたのです。

ページのトップへ戻る